■ ヒルクライム履歴 ■   現時点の蕎原コース・ヒルクライム年間計 = 168

2019/01/01〜2019/01/31

------------------------------------------------------------------
20181216(日) 
20181216_01.jpg ゆっくり起き3日連続同じ朝食済ませると2階へ上がり
前ブレーキシューを外すと案の定古いまま交換してなく
前後とも交換したつもりで昨日まで下りで辛い思いして
たのが、、、ブレーキワイヤーが硬すぎ、後ブレーキは
片効きで、前ブレーキはシューが硬化して滑ってたとは
やっぱり本格的にボケて来ましたか〜泣き言はさておき
前のブレーキシューを新品に交換しトーインとセンター
を念入りに確認して〜サドルを5mm上げ〜タイヤの髭を
切り〜モリさんもお持ちのBARMITTSのハンドルカバーを
参考に〜バッグから取り出して下りに嵌めれれるカバー
(真ん中は大きさ比較のためのニップル回しです)を縫製途中ながらパチリ 素材はLibec の三脚
用キャリングケースTC-6で〜この先重い三脚を持ち歩くこともないと思い泣く泣く切り刻みました〜

20181215(土) 蕎原
20181215_01.jpg ゆっくり起き昨日と同じ朝食済ませると2階へ上がって
電熱グローブをネットで物色するとナマステさん御用達
のハンドルカバーも出てきて〜昨年を思い出し自作する
つもりで硬紙を切りカラスに合わせて穴位置を決めたり
して一段落すると昼食済ませ早巻きで12時20分に出発〜
1本目山頂に絵事さん、のぶさん、モリさん、SIR さん
が続々と着かれてご一緒にパチリ
モリさん、のぶさんに先行して塔原へ下ると最初の間は
良かったのに中腹から指先が凍えて痛くなってギリギリ
塔原バス停に着くと白湯を飲みつつ指先を魔法瓶の中へ
半分突っ込み状態でいると〜後ろがセンター出てない〜とモリさんが指摘下さりレバー握るとタイヤ
が左へ寄る状態〜だからブーンと共振したんですねぇ〜
私の後ろを走って異音に気付かれバス停に着くなりチェックして下さったので助かりました(汗)

20181214(金) 蕎原
20181214_01.jpg ゆっくり起き昨日と同じ朝食済ませ10時半に出発すると
ピカピカ磨いた前後CXP11 にカラスが気分良くしたのか
脚を止めた時にスーっと進んで行く感じが何とも言えず
フリーハブボディの洗浄グリスアップが効きラチェット
音が小さく注油して欲しそうなチェーンの音が目立ち〜
リム磨き過ぎでブレーキを強く握るとフレームが共振〜
春日橋過ぎに工事中の看板あるもタイヤ坂手前で路側の
補修されてるだけで軽トラや自転車は通行可能でした〜
普段は6時前半から9時過ぎの時間帯に3本登られてて
山頂でお会いするのは久しぶりの GIOさんをパチリ
氷点下の下りは普通の防寒手袋じゃ全然無理と云う事で赤・黄・青の三段階に温まる電熱手袋を着用
され爪先の上下をホッカイロでサンドイッチにされてるとか〜ディスクブレーキ付きファットタイヤ
と思いきや、、、何とディープなカーボンホイール〜 最初は余りの軽さに感激されたそうですが〜
慣れたら一緒ですわ(笑) 井口さんの仰るとおり3回乗ったらみんな一緒 ですかね〜

20181213(木) 
20181213_01.jpg 朝からイイ天気ながら〜ホイール手組みの途中なので〜
ピザトースト+珈琲+味噌汁+ヨーグルトの朝食済ませ
上手な人の手組み画像を見つつ組むもスポーク飛び出し
あれこれ試した挙げ句〜基本に戻ってスポークの長さを
測ってると長短2種類あって(汗)〜最初に確認した時
皆んな同じ長さだったハズなのに〜兎に角原因が判って
一旦昼食にし〜落ち着いてゆっくり組み〜センター出し
縦横振れ取り繰り返し〜CPX30 のスプロケットを外して
組み上がったCPX11 に差しカラスに装着してパチリ


20181212(水) 
20181212_01.jpg 朝方けっこう雨が降り昼過ぎても路面が乾かなくて〜〜
CPX11 のスポークとニップル磨いて組み立てようと、、
電動ドリルにニップル+スポークを咥えさせ〜正回転で
アっと云う間にニップルがピカピカ〜逆回転でニップル
を外し次のニップルへ〜磨きはスポンジヤスリ 240番で
仕上げはピカールを付けた布で〜1分で1個の早業〜〜
なんちゃって高速ニップル磨きマシン(笑)をパチリ
スポークは電動ドリル使わずスポンジヤスリを手で握り
スポークをシゴキまくって布で乾拭きスレば出来上がり
ホイール手組みするもスポークがちょっと長い、、、?
そんなハズないのに何処で間違えたのか〜他のホイールもバラしたし、、、〜今日はここまで〜

20181211(火) 
20181211_01.jpg 夕方から雪も降る予報だし早く起きて登るべきところ〜
ブレーキは軽くなったし、、スポーク折れた後ホイール
を補修してもハブの回転が今いちなので〜分解洗浄した
DURAハブに替え予備の10速スプロケットを分解洗浄して
このハブに差し〜32穴のMavic CXP11 をまたまた水研ぎ
して24穴だったCXP30と交代させることにしてパチリ
つまり交代前のハブが CXP30用の24穴だったわけで、、
ハブボディを分解洗浄してもCXP30以外には使えないので
多くの予備リムに合わせ易い32穴のハブを優先しました
CXP11 で後ホイール組み終えたら葛城は雪でしょうか〜

20181210(月) 
20181210_01.jpg また寝不足気味で夜中に寒気がしたのでゆっくり起き〜
昨日は本脇親分のお誘いで楽しい一日を過ごせましたが
もう硬いブレーキレバーのまま塔原を下るのはゴメンだ
と云う事でスポーク折れた後ホイールの前にブレーキ〜
ネットで評判の〜柔らかいブレーキアウターケーブルの
メーカーはなんと岸和田市岸野町にあったんですねぇ〜
日泉ケーブルの透明アウターに替えたところをパチリ
評判通りケーブルを替えたらブレーキレバーの軽いコト
せっかくだし後ブレーキのアウターも替えときました〜
アウターだけで劇的に軽くなると云えば嘘くさいですね
実際にやった作業は、、、BR7700(ブレーキ本体)のワイヤー留め部分を分解洗浄し〜アーチバネが
通る細いチューブその他擦動箇所に(使うなと仰る方も多い)シリコングリスを吹き〜ブレーキ固定
ビスのボケたネジ山をM5/1mm のダイスで切り直し〜ハンドルのワイヤー取り回しも見直しました〜
これらの作業でかなり軽くなったんですが念の為アウターを替えたら段違いに軽くなりました(嬉)

20181209(日) 蕎原
20181209_01.jpg 7時前に起き珈琲とピザトーストと味噌汁の朝食済ませ
定刻30分前に町内会の溝掃除を始め8時半前に終えると
大急ぎで着替えて出発〜牛滝街道を稲葉過ぎた頃から前
行くローディーの走りが素晴らしく積川神社南の信号で
お声かけ並走でお話しながら集合場所の塔原バス停へ〜
石川さん、井口さんが居られ若きローディーは山頂へ〜
続々と集まられ本脇親分が来られ干芋をご所望でお先に
蕎原へ向かいHP粉河で干芋とミネラル水調達し山頂へ〜
オープンカフェの(左)宮本さんと皆さんをパチリ


20181209_02.jpg お急ぎの宮本さんと入れ違いに(左)フルヤ1号さんが
着かれ 井口さん、真利さん、本脇親分、タナカさん、
ヨシミさん、石川さんとご一緒にパチリ
美味しいコーヒー、持ち寄った菓子類、カップヌードル
ポップコーン作った容器で焼いた干芋のオツな味(笑)
塔原バス停へ下りブレーキに力入らないとご相談すると
ブレーキ硬すぎ!と井口さん〜石川さんやヨシミさんも
レバー角度と前ブレーキのクローズ不足などを指摘頂き
タナカさんも皆さんのブレーキ引き加減を比較頂いて〜
コレで今日の下りはキツかったやろな本脇親分の締めで
今までのモヤモヤも晴れてスッキリ〜帰ったらケーブル張り直そうと心に決めて皆さんと帰路に〜〜
前後しますが〜塔原バス停に集合した時〜井口さんのご指摘で石川さんにハンドル前傾角度調整頂き
登りも下りも腕がかなり楽になりました(感) 蕎原の第二関門を登ってる途中でパキーンと後輪の
スポークが1本折れ〜橋を過ぎた処に停車しTrust のテープで応急修理しました〜未だ未だ整備半ば

20181209_03.jpg 多治米に戻り風呂を沸かしつつカラスを水拭きしホイル
を洗い終わって湯に浸かり〜猪肉と海産のチリ鍋を食べ
一息ついて今日の画像を編集前にメールチェック、、、
インターネット未接続(汗)調べるとLANケーブルの
ルーター接続が緩んでて〜RJ45の爪が欠けてテープ留め
してたのがテープの経年劣化、、、と云う事で爪の正常
なRJ45の付いた古いケーブルを短く切りルーターに接続
してるケーブルも切って8芯ツイストペア同士をハンダ
付けし熱圧着テープで被覆し上からTrust の絶縁テープ
巻いてブサイクなテープ留めにオサラバしました(喜)

20181208(土) 蕎原
20181208_01.jpg 8時過ぎに起きるとペンチャンが珈琲とハム卵トースト
を用意してくれて一緒に朝食済ませ〜ナップザックに〜
空気入れ、薄いダウンジャケット、ネックウォーマー、
防寒手袋、靴下、WB、スマホ、バッテリー&ケーブル
ペンチャンおにぎり2個入れ〜ビンディングシューズに
防寒カバー付け〜ヒートテック手袋で9時50分に出発〜
稲葉手前で細川さんに追いつき並走でお話しましたが〜
パイオニアのリボン・ツィーターが断線しフォステクス
のホーンツィーターを購入されたものの音圧が違い過ぎ
アッテネーターを物色中とか〜質感が変わるので難しい
でしょうねぇ〜高域は抵抗1個で変わりますからねぇ〜ご自身の年間目標クリアーされてるので今日
は登らず周辺を走られるそうで岸和田CC入り口でお別れし〜射撃場の坂で止まり〜アームウォーマー
外しブレスサーモの長袖インナーを腕まくり、裏起毛ロングパンツを膝まで捲り上げ、靴下を下げ〜
ウールジャージの胸半開で走ると〜塔原→蕎原の間道で宮本さんスレ違いペコリするもお気付きに?
サングラスを替えZunow →カラスに替え、黒ずくめのスタイルなので走り過ぎた頃にお気付きかも〜
蕎原・第二駐車場でトイレ借り〜ボトルから白湯を3口ゆっくり飲んで登ると〜カラスの34/25Tにも
慣れ踏み足クルクルのキツさをあまり感じなくなってきた様で〜1本目の山頂にテツさん、武井さん
西村さん、真利さん、絵事さんがお揃いでパチリ 絵事さんの手袋が薄い毛糸地2枚重ねなので〜
登りで使ったヒートテック手袋が風よけ程度にはなるので下りに使ったら捨ててイイですと差し上げ
シンサレート防寒手袋に薄いダウン+WBで絵事さんとロータリーまで降りると〜ご自身の年間目標
クリアーされたので今年はこれでオシマイかも、、、と仰るので少し早い年末の挨拶を交わしお別れ
山頂で3℃だった気温が下がり気味だったのもあり塔原への下り防寒手袋で握るSTIレバーに力が
入らず〜歩くようなスピードでそろそろ下ると先に下りられた真利さんが寒すぎるのでずっと下まで
下りてUターンし塔原バス停まで登ってベンチで補給後もう1本登られるとの事でお別れして帰路に

20181207(金) 蕎原
20181207_01.jpg 8時前に起きると〜ペンチャンが珈琲とハムトーストを
用意してくれてて+味噌汁の朝食を済ませ〜自転車衣類
の収納ケース中身を春秋モノから冬物に入れ替えてると
靴下も上下インナーもコンパクトサイズに畳み込む方法
を思いつき〜メーカータグが見えるよう統一して収納〜
ケース内に間仕切りしなくても探すたびに引っ繰り返す
必要がなくなり気分スッキリして11時20分に出発すると
行きも帰りも山頂でもどなたにも会えず(涙)ながら〜
曇り空のまま雨もなく〜西の不気味に黒い空をパチリ


20181206(木) 
20181206_01.jpg 昼前から雨の予報で7時前に起き珈琲をセットしてると
ペンチャンが卵トースト用意してくれて朝食を済ませ〜
3階で昨日に続きもう1つのIntegrated 8SIS 分解洗浄
しこちらはAZのウレアグリスを少なめに塗って組み立て
2つの違いを後日カラスに嵌めて確認するつもりです〜
チェーンキーパー代わりに105 のフリーハブをホイール
から外して分解洗浄しこれにもAZのウレアグリスを塗り
別ホイールから105 フリーハブ外しDURAフリーハブハブ
に交換作業の途中で夕飯の時間となりました 〜ふぁ〜


20181205(水) 
20181205_01.jpg イイ天気ながらカラスの後輪が重たく感じてるし、、、
DURA Integrated 8SISのフリーハブボディーに塗るのは
手持ちのDURAグリスにしました。ネットの先達・指南書
ではDURAグリスを多く塗るとラチェットが動かなくなる
との事でやってみると実際に動かなくなり〜殆ど取ると
カリカリと喧しく指で薄くのばしてピッタリ〜ボディー
を組み立て〜ダストカバーを兼ねたキャップを嵌めると
スプロケットのロックナットが閉まらず〜何度もトライ
して〜ロックナットを嵌めるネジ溝より下へキャップを
押し込んでOKに〜スプロケットを嵌め込んでパチリ

20181204(火) 蕎原
20181204_01.jpg 〜天気予報が直前に大きく変わり判断に迷いましたが〜
7時過ぎに起きるとペンチャンが珈琲を用意してくれて
レーズンパンドミ&ギー+珈琲+味噌汁の朝食を済ませ
ゆっくり支度して8時半過ぎに出発すると〜路面は濡れ
肌寒さも感じたものの〜山滝中学過ぎて急に温かい風が
山から吹き下ろし〜射撃場の坂でインナー脱ぎ胸半開で
蕎原へ〜第二駐車場でトイレ借り登り始めるとポツリ〜
落ちてくる葉っぱと同じくらいの間隔で雨粒が当たって
スリップしながらも気持ちよく登ると〜1本目の山頂に
アマノさん、山本学さん、筒井さんが着かれてパチリ
アマノさんにハブ洗浄の件をお話すると 手で回すんと違ごて脚で漕ぐんやから些細な事気にすんな
と昔自転車屋さんに云われたそうで、、、〜グリスが硬いとか柔らかいとか拘る必要ありませんね〜
アマノさんが下りられ、筒井さんは中尾へ〜山本学さんに失礼し塔原への下りで東野先生とスレ違い
暫くお話してると山本学さんが下りて行かれ〜先生にお別れして塔原バス停に着くと白のcannondale
があり持ち主の姿、、、トイレの様なのでお先に失礼し走りかけると後輪付近で小さな異音が、、、
東野先生に1本で帰るとお話したし〜寄り道せず早く帰って点検することに〜 田治米に戻り水拭き
でカラスを綺麗にして前後ホイールを水かけブラシで洗浄してると〜空気入れバルブがカチャカチャ
犯人はお前か! バルブの根本をナットで留めない主義でしたが〜リム幅が深くなるとバルブが中で
動かないよう留めないといけないんですかね〜ホットボンドで固めてやろうかな〜見てくれ悪いし〜
ネットでグリスに詳しい方の書き込みを見ると F1マシンじゃあるまいし自転車の回転系でグリス
の差が出ることは全然無い、高いグリスがイイと思う人が多いのでメーカーは笑いが止まらない、、
一番安いのでいいからグリス切れさせず、塗りすぎないように、、
アマノさんの仰るとおりでした

20181203(月) 
20181203_01.jpg 一日雨が降ったり止んだりの予報で〜6時前に起き出し
珈琲とレーズンパンドミとピザトーストを用意してると
ペンチャンも揃って朝食を済ませ3階に上がって作業〜
カラスの後輪が回りにくいのでやっぱりハブ交換しょう
と考え〜チューブラーホイールのDURA Integrated 8SIS
という古いフリーハブボディーを分解洗浄する前に、、
専用工具が廃盤〜キャップの下に隠れてる上玉押し部分
は4爪で〜使い古しスプロケットのロックリングを削り
4爪に嵌まるアダプター手作りすると簡単に外れました


20181203_02.jpg 同じホイールが2つあるので両方とも分解洗浄すると〜
仁丹(ベアリング)が足らないんですね〜これが、、、
忘れた頃にヒョンな処からポツリと出てきたりします〜
キャップの下に本当のキャップ(上玉押し)が隠れてる
んですが〜これが玉押しになってるのは今日気づいた事
で(汗)バラして組み立てても解ってなかったんです〜
ハブボディーに塗るグリスが硬いと回転が渋くなるので
ちょうどイイものが手に入るまで分解したままだと困る
し〜どうしたもんかなぁ〜今から考えるオヤジでした〜


20181202(日) 蕎原
20181202_01.jpg 昨日も寝不足だったし〜寝坊し9時40分に出発すると〜
34/25Tの踏み足クルクルでハム意識しつつ登るとキツく
〜本当に皆さんこんなペダリングで登られてるのかな〜
1本目山頂で真利さん、ねこたさん、輪人さんをご一緒
にパチリ ねこたさん、輪人さんお二人のホイールが
カーボンで 下りでブレーキが効きにくくはないですか
リムに溝加工してあるので結構効きますよ=ねこたさん
ディスクブレーキで=輪人さん 雪の日はコレですね〜
雪の日は登りませんよ(笑) 雪上ライド最高ですよ〜


20181202_02.jpg 強力馬力(岡本さん最近お見かけしませんが)のお二人
が下りられ〜真利さんにカラス皮剥きなどお話してると
軽いカーボンは橋本さんらしくない〜でも自分で組んだ
ところは橋本さんらしいですねぇ
〜嬉しいお言葉です〜
久しぶりにモリさんが登ってこられご一緒にパチリ
神通の山崩れ箇所を百井さんが唯一歩いて越えられた件
をお話すると〜 アソコをですか〜 そりゃ百井さんは
全く普通じゃないですからね〜 73で七葛しますか普通
真利さんが下りられモリさんは少しゆっくりされるので


20181202_03.jpg お先に失礼して塔原バス停へ下り〜ベンチでペンチャン
おにぎり食べてるとモリさんも下りてこられ〜暫くお話
してると福西さんが登っていかれ〜少ししてスレンダー
美女ライダー登場〜モリさんとご一緒にイチハラさんを
パチリ 先日KTCのページにイチハラさんが高野山
へ向かわれた写真がありましたが〜高野山からの帰りも
中尾を登られたとか(汗)ちょっと普通じゃないですよ
美しい女性が豪脚で〜巴御前みたい〜北王子の巴御前も
スレンダーなのでご確認を〜(正面土呂幕=岸田恭司)


20181201(土) 蕎原
20181201_01.jpg 前が下げられるサドルに替えて10時40分に出発すると〜
蕎原・第二駐車場から登りかけ〜7→8へシフトできず
STI レバーがそれ以上動かないので困ってると助け舟の
SIR さん登場〜 ワイヤーも新品なら初期伸びでは?
後輪を持ち上げ引張調整して頂くとレバーが10に届いて
1→2→3の間隔も細かく引張調整して頂いて大感謝
全部自分で組み上げときながら初STI でパニクった私〜
絵事さん左近さんが一緒に登ろうと声をかけて頂くも〜
橋本さんとゆっくり登りますわ(あ、、、そうですか)
久しぶりにSIR さんと並走でお話しつつ〜水汲み場まで
登ると暑すぎてアームウォーマーを外したいので先に行って頂き〜水汲み場の水ではなく、ボトルの
白湯をゆっくり少し飲み〜アームウォーマーを外しフクラハギまで捲りあげ靴下も下げて登り直し〜
昨日に続き踏み足クルクルで脚がパンパンのまま1本目の山頂に着くと久しぶりに揃われた皆さんを
パチリ(左→利藤さん、絵事さん、左近さん、SIR さん、中野さん) 少しして浜口さんが着かれ
お久しぶりですね〜 おひさしぶりです あんまり登れてないんですよ〜 私も三分の一以下です〜 
お先に失礼します〜と(写真を嫌がられる)笑顔の浜口さんが下りて行かれ〜メカのお話などしつつ
ペンチャンおにぎり1個食べ〜絵事さんは蛋白質と炭水化物がバランスした魚肉ウィンナ食べられ〜

20181201_02.jpg SIR さんと絵事さんはもう1本登られるそうでお別れし
いつの間にか下りも早くなられた利藤さんを追いかけて
塔原へ下るもドロップハンドルでこれ以上早くは(汗)
何とか追いついたのが麓の民家が見える処で、、、、、
久しぶりに能見さんご夫婦とスレ違いお話してパチリ
梶川さんとほぼ同じ時間帯に登られるので最近はお会い
できてませんでした〜奥様は MTBから Bianchiロードに
それが黒にビアンキ色ラインが入った拘りの逸品(羨)
〜いつも仲睦まじく登られる姿に思わず癒やされます〜


2018/11/01〜2018/11/30

inserted by FC2 system